【訃報】元復興担当相の松本龍さん肺がんで亡くなる 67歳=元民主党衆院議員 ★10

毎日新聞 2018年7月21日 10時35分(最終更新 7月21日 10時49分)
https://mainichi.jp/articles/20180721/k00/00e/010/268000c
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/07/21/20180721k0000e010273000p/9.jpg
松本龍氏=東京都千代田区で2011年7月、木葉健二撮影

 元民主党衆院議員で環境相や復興担当相などを務めた松本龍(まつもと・りゅう)さんが21日、肺がんで亡くなった。67歳。葬儀は23日午後1時、福岡市中央区古小烏町70の1のユウベル積善社福岡斎場。喪主は妻珠美(たまみ)さん。

 福岡市出身。「部落解放の父」と呼ばれた松本治一郎参院副議長を祖父に持ち、父英一参院議員の秘書を経て、1990年の衆院選で旧社会党から旧福岡1区に出馬して初当選した。衆院議員を連続7期務めた。

 社民党を経て96年の旧民主党結党に参画し、民主党政権環境相と防災担当相などを務めた。2010年10月には国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で議長を務め、名古屋議定書採択に導いた。

 11年6月に復興担当相に就任した直後、東日本大震災の被災地の岩手県宮城県の知事に「知恵を出さないやつは助けない」などと発言して就任9日目で引責辞任した。12年の衆院選で落選し、14年の衆院選には出馬しなかった。
★1=2018/07/21(土) 10:57:56.52

※前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1532182613/

【日本/イラク】動画:アラビア語とSNSを駆使、イラク人の心つかんだ日本の在イラク大使、岩井文男氏 「彼の新しい動画見たか?」

http://www.afpbb.com/articles/-/3183273?cx_position=
(リンク先に動画ニュースあり)


動画:アラビア語SNSを駆使、イラク人の心つかんだ日本の大使
2018年7月21日 14:42 
発信地:バグダッド/イラク [ イラク 中東・北アフリカ 日本 アジア・オセアニア ]

【7月18日 AFP】イラクに駐在する外国大使にとって、現地の人々の心をつかむのは容易なことではない。だが、ユーモアに富んだソーシャルメディアの動画と現地なまりのアラビア語を駆使し、それを成し遂げた大使がいる。間もなく任期を終えようとしている日本の岩井文男(Fumio Iwai)大使(57)だ。

 バグダッドへ赴任してから3年に満たない岩井大使だが、そのファン層は厳重な警備が敷かれた旧米軍管轄区域「グリーンゾーン(Green Zone)」をはるかに超えて広がっている。

 特に昨年6月、サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)行きを懸けたアジア最終予選の戦いを前に撮影された動画は、他のものに比べて圧倒的な視聴者数を集めた。痩せ形で眼鏡をかけた大使が着ていたのはイラクのユニホーム。イラクの対戦相手は、日本だった。

 73万人を超える人々が嬉々として視聴したこの動画の中で、岩井大使が「私たちのチーム(日本)が勝ったらうれしいが、イラクが負けたら悲しい」と語っていたことを、イラク人の公務員ハイダル・バンナー(Haydar al-Banna)さん(35)はよく覚えている。

 米国主導の侵攻によってサダム・フセイン(Saddam Hussein)政権が倒れてから15年。いまだ混乱から抜け出すことができていないイラクで岩井大使の動画は共感を呼び、人々は大使のことを自分たち自身のように感じたという。バンナーさんは「彼はイラク人だとみんなが言っている。ここに50年間、住んでいる人みたいだ」と語った。

■「彼の新しい動画見たか?」

 岩井氏のアラブ世界への旅が始まったのは30年前。外務省からアラビア語を学ぶように命じられたことが発端だった。若き外交官だった岩井氏は家族と共に2年間エジプトで過ごし、アラビア語の学習に没頭。それから30年、今もこの言語を極める「出発地点」にいると岩井氏は語る。

 バグダッドで岩井氏の名前を口にすると、「彼の新しい動画を見たか?」という言葉が一様に返ってくる。

 伝統に敬意を払いつつ、スマートフォンソーシャルメディアに夢中な現代のイラク人にアピールするにはどうしたらよいか、岩井氏はよく知っている。動画は短く、通常1~2分。アラビア語のあいさつ「サラーム・アライクム」やイスラム教の慣習をちゃんと行い、それから話題へと入っていく。

 ある動画ではイラクの伝統衣装に身を包み、黒と白の模様が入った男性用のスカーフ「カフィーヤ」を肩にかけて登場。「この素晴らしい格好を見てほしい。正真正銘バグダッド市民のようだ」と笑顔で語り掛けた。

 岩井大使はAFPに対し、他の外交官たちが市民との交流にソーシャルメディアを活用していないことに驚いていると語った。岩井氏いわく、「アラビア語を話せる大使は数人いるが、アラビア語で現地の人々に話しかけることはまれだ」という。

 岩井大使はイラクを離れるにあたり、寂しく感じるものがいくつかあると言う。例えば、イラク版のすしともいえる野菜の詰め物「ドルマ」だ。

 だが、もうこりごりと思っているものも一つある。それは「気候」だという。イラクでは夏の気温がしばしば50度を超えるが、岩井大使は「ここに来るたび、どんどん暑くなっているように感じている」「コンクリートの壁や緑地の減少、大気汚染と関係しているのかもしれない」と語った。

 岩井大使は今月、イラクをたつ予定だが、ファンたちは大使がイラク国民になってほしいと願っている。ネットでは、将来の復興相にと推す声もある。だが、岩井氏は日本で二重国籍は認められていないと指摘し、外交官らしい礼儀正しさで当惑を引き起こす事態を避けた。(c)AFP/Ali Choukeir

【ケニア】ネパール人女性21人ストリップクラブで保護、人身売買の可能性

http://www.afpbb.com/articles/-/3183266?cx_position=

ネパール人女性21人ストリップクラブで保護、人身売買の可能性 ケニア
2018年7月21日 13:26 
発信地:ナイロビ/ケニア [ ケニア アフリカ ]

【7月21日 AFP】ケニアの警察は20日、首都ナイロビ郊外の高級地にあるストリップクラブ2軒を強制捜査し、ネパール人の若い女性21人を保護したことを明らかにした。

 当局は人身売買容疑で地元在住の男3人を逮捕した。人身売買に関連した罪で起訴する予定だという。

 強制捜査後、捜査班は女性らを人身売買の被害に遭った人々の保護施設に搬送した。身元や、ケニアに合法的に滞在しているかどうかの確認を終えるまで施設で保護するという。女性らの年齢は明らかにされていない。

 AFPの取材に応じた捜査筋は、現在、国際人身売買組織の関与について調べを進めており、捜査の進展については改めて発表するとしている。(c)AFP

【シンガポール史上最悪のサイバー攻撃】国家が関与か シェンロン首相の健康情報を狙う 専門家指摘 ロシアがよくやる手という示唆も…

http://www.afpbb.com/articles/-/3183289?cx_part=top_latest

シンガポール史上最悪のサイバー攻撃、国家が関与か 専門家指摘
2018年7月21日 20:37 
発信地:シンガポール [ シンガポール アジア・オセアニア ]

【7月21日 AFP】シンガポールで発生した同国史上最悪のサイバー攻撃事件について、サイバーセキュリティーの専門家らは、その規模とハッキングの洗練された手口から、国家が主体となって関与している可能性が高いとの見方を示した。

 シンガポール当局は20日、政府の医療データベースがサイバー攻撃を受け、150万人分の情報が盗まれたと発表。「前例のない」攻撃の中で特に標的とされたのは、リー・シェンロン(Lee Hsien Loong)首相の情報だった。

 今回の攻撃についてガム・キムヨン(Gan Kim Yong)保健相は、「意図的で、標的を定め、よく練られており、並みのハッカーや犯罪集団の仕業ではない」と述べた。

 当局関係者はハッカーの身元について言及することを拒否したが、AFPの取材に応じたサイバーセキュリティーの専門家らは、攻撃の複雑さと首相のような著名人に標的を定めていることから、国家が主体となって行われたものであることをうかがわせると指摘する。

 米サイバーセキュリティー会社「ファイア・アイ(FireEye)」でアジア太平洋プレジデントを務めるエリック・ホー(Eric Hoh)氏はシンガポールのニュース専門テレビのチャンネル・ニューズ・アジア(Channel NewsAsia)の取材に対し、「サイバー上でスパイ行為の脅威を与える者は、慎重な扱いを要する医療データの暴露を用いて…利害関係のある立場の人物にスパイ行為を強要する恐れがある」と説明。

「こうした攻撃は本質的に、国家が非常に高度なツールを利用して行うもの」であるとし、「リソース、資金ともに潤沢で、非常に洗練されている傾向にある」との見方を示した。

 サイバーセキュリティーコンサルタント会社「ランティウム(Lantium)」のジェフ・ミドルトン(Jeff Middleton)最高経営責任者(CEO)は、特に医療データがハッカーの関心の対象となるのは、権力を握る立場の人々への脅迫に利用できるからだと説明。

 AFPの取材に対してミドルトン氏は21日、「ある人物が受けている治療から、健康状態についての多くの情報を探り出すことができる」「非公開の情報はどんなものでも恐喝に利用され得る。ロシアの情報機関には、こうしたことを長い間やってきた歴史がある」と述べた。(c)AFP

【沖縄】女性下着など約1700点、コインランドリーから盗む 沖縄・うるまで男を逮捕

今年5月から6月にかけて沖縄県うるま市内のコインランドリーから女性用下着を盗むなどしたとして、うるま署は19日までに、窃盗などの疑いで同市のホテル従業員の男(42)を逮捕した。調べに容疑を認めており、署は同日、容疑者の自宅から押収した女性用の下着や靴下など約1700点を公開した。

 署によると、5~6年前から本島中部のコインランドリーで下着などを盗んでいたと供述している。署は余罪も調べている。

 先月17日、うるま市内のコインランドリーで下着などを盗もうとしたとして、署は容疑者を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕。

 同28日には、今年5月から6月にかけてコインランドリーから下着を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで再逮捕した。いずれも沖縄区検が19日に窃盗罪などで起訴している。

押収した下着類
http://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/0/3/-/img_03875a07bedf53327d8fb9b0996170e676856.jpg


沖縄タイムス 2018年7月22日 05:01
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/287083

【再教育】中国が存在否定のイスラム教徒への「再教育キャンプ」、カザフの裁判で元職員の女性が証言 「彼女を中国に返せば消される」

http://www.afpbb.com/articles/-/3182923?cx_part=top_latest

中国が存在否定の「再教育キャンプ」、カザフの裁判で元職員が証言
2018年7月21日 22:37 
発信地:ジャルケント/カザフスタン [ カザフスタン ロシア・CIS 中国 中国・台湾 ]

【7月21日 AFP】イスラム教徒が住民の多数を占める中国西部には、内密にされた「再教育キャンプ」に数十万もの人々が収容されているとみられる。最近、隣国カザフスタンで開かれた裁判で、この中国の再教育キャンプに焦点が当たることになった。

 カザフ系中国人のサイラグル・サウイトバイ(Sayragul Sauytbay)さん(41)は、カザフスタンにいる夫と2人の子どもに合流するために違法に国境を越えたとして裁判にかけられている。しかし最も注目を集めたのは、中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)にある再教育キャンプで強制されたという彼女の仕事に関する証言だった。

 中国政府は分離派分子に対処すると称して、新疆ウイグル自治区への弾圧を強めてきた。サウイトバイさんは公判で、職務において再教育施設の広範なネットワークを明らかにした機密文書へのアクセスを許可されたと述べた。

 こうしたキャンプに収容されている人々の大半は、中国の少数民族の大部分を占めるイスラム教徒たちだとみられている。公式文書による証拠や、さらに脱走してきた元被収容者たちの証言が増えているにもかかわらず、中国当局はこうしたキャンプの存在を否定している。

 サウイトバイさんは法廷で、中国の国家公務員としてキャンプで働いていたと証言。そのキャンプについて尋ねられたサウイトバイさんが、2500人のカザフ人がいたと答えると、法廷内の傍聴人たちは息をのんだ。「中国当局は政治キャンプと呼んでいますが、実態は山の中の刑務所です」と彼女は話した。

 さらにサウイトバイさんは、自分の家族が市民権を獲得したカザフスタンへは決して入国してはならないと、当局から命じられていたという。「こうして法廷でこのキャンプについて話していること自体、すでに国家機密を暴露していることになるのです」。彼女は中国へ送還しないでほしいと、カザフスタン政府に懇願した。

■この人を返せば「消えてしまう」

 分離派および過激派の脅威を引き合いにして抑圧的な諸政策を正当化する中国政府が、新疆ウイグル自治区で弾圧を繰り広げて以来、この一家のように多くのカザフ人の一族が、国境を挟んで離れ離れになってしまった。

 新疆ウイグル自治区に住むカザフ人の人口は約150万人。だが彼らは、同じイスラム教徒でチュルク語(Turkic)系の言葉を話し、同自治区の多くの地域で多数派となっているウイグル人とは異なり、以前は中国政府による激しい弾圧の対象とはなっていなかった。

 カザフ人は長い間、歴史的なルーツがあるカザフスタンと中国の間を自由に行き来していたのだ。そして、1991年のカザフスタン独立以来、約20万人がカザフスタン人となった。

 しかし、2016年にそうした自由が消滅。チベット自治区(Tibet Autonomous Region)での攻撃的な監視・統治手法で知られる中国当局が、その矛先を名目上は自治区である新疆ウイグルにも向け始め、イスラム教徒の大量拘束と再教育プログラムを統率。同年末にはイスラム教徒のパスポートを回収し、国外への渡航が必要な場合は当局に申請させるという前例のない措置に出た。

 サウイトバイさんの夫であるワリ・イスラム(Wali Islam)さんは、妻が国立の幼稚園での仕事から再教育キャンプへと転任させられた後の数か月間、家族間で連絡が取れなかったと証言。サウイトバイさんは、当局にだまされて再教育キャンプで働かさせられたと述べた。

 家族は4月、国境を越えてきたサウイトバイさんとようやく再会できた。だが5月21日、カザフスタンの治安当局が彼女を拘束した。

 サウイトバイさんの弁護人はAFPに対して先週、もしも彼女を中国へ帰国させれば何が待っているか、彼女の証言自体が十分示していると主張。「偽造文書を使って不法入国した彼女が罪を犯していないとは、われわれも主張していない。裁判所に対しても、その部分は認め、罰を受け入れると言っている。われわれの主張は、彼女を中国へ帰してはならないという点だ。もしも返せば、彼女はただ消えてしまうだろう」と語った。(c)AFP/Christopher RICKLETON, with Ben Dooley in Beijing

【ギャンブル】マカオのドッグレース、歴史に幕 客足減少、犬の行方懸念も

【広州共同】庶民のギャンブルとして親しまれてきたマカオのドッグレースが21日までに、長い歴史に幕を下ろした。かつては大勢の観客が訪れたが、近年はカジノ産業の成長に伴い客足は減少していた。動物愛護団体からの批判もあり、人気が低迷していた。地元紙が同日伝えた。

 一方、約530頭の大型レース犬、グレーハウンドの新たな飼い主探しは難航し、20日夜の営業終了後もレース場に残されたまま。マカオ政府が一時的に保護しているが、市民から懸念の声が上がっている。

 地元紙によると、ドッグレースは1930年代に始まり、約20年の中断後、63年に再開した。



共同通信 2018/7/21 19:30
https://this.kiji.is/393348758500312161?c=39546741839462401